本文へ移動

茂洋牛

茂洋牛

茂洋号とは、平成13年に宮城県石巻市で生まれ、平成19年度肉用牛広域後代検定成績で、脂肪交雑・ロース芯面積が日本一になった宮城県期待のスーパー種雄牛です。
2010年3月から茂洋産子が食肉市場への出荷が開発され、その品質と人気から今現在も希少品となっております。仙台牛になるA5・B5の格付けが69%、A4以上の上物率は91%と驚異的な成績を納めています。
2010年7月22日現在、石巻地域では38頭が出荷され、A5・B5の格付けは76%となっております。

茂洋牛

仙台牛
超高級ブランド牛肉「仙台牛」
仙台牛は、全国で唯一、肉質等級が最高「5」に格付けされないと呼称が許されない超高級ブランド牛肉です。
宮城県特別表示認証食品に認証されており、地域団体商標も取得しております。その中で、茂洋号はトップクラスを維持しております。
仙台牛
「仙台牛」とは?
1.黒毛和種であること
2.仙台牛生産登録農家が仙台牛生産肥育体制に
 基づき個体にあった適正管理を行い、
 宮城県内で肥育された肉牛
3.本協議会が認めた市場並びに共進会等に
 出品されたもの
4.(社)日本食肉格付協会枝肉取引規格がA5及び
 B5に評価されたもの

宮城県では、年間およそ15000頭が食肉として出荷されていますが、そのうち仙台牛の名で出荷されるものは、そのおよそ3割です。霜降りと赤身のバランス、きめの細やかさなど厳しい基準をクリアし、最高ランクに格付された牛肉だけが「仙台牛」の称号を得ることができます。
TOPへ戻る